FC2ブログ

余韻

2013.07.02.16:36

image_20130702123115.jpg


『森聞き』上映終了後、la brise printaniereのマリカさんのお花を前に店内でひとり余韻に浸る。

仮に80年生きた人から、15年しか生きてない者が教えを授かるなら、80年分の紆余曲折の人生で得たエキスでもある知恵(この場合は智慧にちかいかも)を、15年の人生の中に生かす事ができる。
しかもそのご老人にはさらに先輩からの引き継ぎがある。
オオカミ少女は、まさにオオカミのように鳴き、肉を食べ、四本足で駆け巡ることしか最初はできなかったことからもわかるように、人からの伝承がまた人をつくると言えるかもしれない。
伝承、その連続が個々の生命体の生物学的「命」を貫く、もうひとつの「いのち」。
その「いのち」を伝えるために無数の「命」が使命を果たしていく。

焼畑農業、茅葺、木こり、杉の種を採取する老人。それぞれの森の名人から、聞き書きに来た高校生が、「生きる手段」ではなく、「生きる意義」を学んでいく。そんな内容だと受け止めました。

image_20130702160126.jpg

「好きで焼畑をやってるんでない、在来種の種を伝えるため、生きていくためにやってるんだ」
「森に生きるわしは、広大な宇宙にいきる宇宙人や」
「茅葺は名人の私だけでするんじゃない、若い人も含めてみんなで、集合体で作り上げていくんや」
など(すべて取意)謙虚にして奥深い言葉が、森の名人達の口から自然に語られていく。

image_20130702160422.jpg


今の私(たち)は次の世代にちゃんと伝えることができるのか。。。今までの人類が蓄積した大切なものを。

そんな事を考えさせられる映画でした。


ご来場の皆さま。たくさんお越し下さってありがとうございました。至らぬところが多々あったと思いますが。。。すみません。
そして主催の「やまめの会」、並びに共催の「のらこや」の皆さま、watotoにいい機会を与えてくださってありがとうございました。


そして一番のお疲れさんは(笑)

image_20130702160621.jpg

comment

Secret

プロフィール

cafe watoto

Author:cafe watoto
福井県小浜市
忠野9-14
電話:0770-56-3893
定休日:木曜日・日曜日
時間:11:30〜夕暮れ
→ 営業カレンダー

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR